古平戸

古平戸とは、三川内皿山が平戸藩御用窯であった時代に焼かれた磁器の事です。

江戸時代には、藩主の命により幕府や朝廷への献上品を造り、繊細な染付や卓越した細工の技術を誇りました。

 その忘れかけられた技術を探求いたしました。
平成の今、御用窯の技術を受け継いで作品を造り続けています。
 
古平戸の詳しい内容はこちら


 

 

 

 

 

古平戸置上 花瓶



 

 

古平戸 置上 ななかまど紋 花器

古平戸に代表される技法の一つは、置上と呼ばれる三川内に伝わる技で、紋様が浮き彫りに成っています。

この技法は、ヨーロッパにおいては「天使の技法」と歌われた技です。

 



 彫による加飾も三川内に多く存在します。
表面の凹凸が西洋の連続模様と類似しており幕末から明治初期に多くが輸出されました。


置き上げ(浮きあげ)技法

明治期の工業デザイナー 納富介次郎は、置きあげ技法の事を「セーブル」「ミントン」に先んじており

「三川内ヲ以テ先鞭トセザルベカラズ」と述べております。