こだわりの技法

卵殻手

卵殻手・egg shell エッグシェル(egg shell)とは、きわめて薄く軽い磁器で、江戸時代後期に、三川内皿山でのみ生産されていた焼き物のことです。 日本では、卵殻手(らんかくで)と呼称され、生地は純白で描かれた ・・・続きを読む


亀山龍

幕末の志士「坂本龍馬」が愛用した、龍紋様の碗「望龍碗」を現代に再現しました。 そして、その龍紋様を写した器を現代に蘇らせて、今は伝説と成った幕末長崎の香りをお送りします。       &nb ・・・続きを読む